イノベーティブ ハーレー

あなたのハーレーにイノベーションを

ハーレーネオン管

ハーレーのヘルメットを季節ごとに変えよう

ヘルメット

ハーレーに乗る上で欠かせないのが、ヘルメットです。安全性を重視したものや、ファッション性に富んだもの、様々です。ブランドごとによってもデザインや機能性が異なるので、自分に合うヘルメットを選ぶことが大切です。そこで今回は季節に焦点をあておすすめのヘルメットをご紹介します。

春と夏はハーフヘルメットがおすすめです。形の特徴としてはヘルメットというよりも帽子に近い形で、顔がほとんど出ています。顔が出ているので通気性がよく、暑い夏でも快適に走行することが出来ます。
女性のハーレー乗りでお化粧を崩したくない場合にもおすすめです。ただ注意点として、ヘルメットによって守られている部分が少ないので、安全性という面では他のヘルメットより劣ります。さらに、急に雨が降った時など遮るものがないので目の前が見えづらくなってしまいます。そういう時のためにゴーグルを用意しておくとよいでしょう。

反対に、秋と冬はフルフェイスのヘルメットがおすすめです。
フルフェイスは顔全体を覆うデザインで、安全性も高いタイプです。寒い季節にハーフヘルメットで走行してしまうと耳や頬などとても冷たくなってしまいます。フルフェイスなら、マフラーなどで首さえ覆ってしまえば、冬でも寒さを気にすることなく走行することができます。また、気温が低いために道が凍っていたり、暗くなるのが早い秋冬は事故が増える季節でもあります。万が一事故にあったとき、フルフェイスなら後頭部まで守ってくれるのでハーフヘルメットよりも被害が少なくなります。

白ヘルメット

ハーレー本体をいじることもハーレー乗りにとっては醍醐味ですが、ヘルメットにも注目してみると楽しみが広がるかもしれません。
四季折々の美しい景色を見たい、ただただ走るのが好きだから、など様々な理由でハーレーに乗っていることでしょう。

心から走ることを楽しむためにも季節ごとにヘルメットを変え、快適なハーレーライフを過ごしましょう。


ハーレーのエンジンオーバーホールの事について知ろう

エンジン回り

ハーレーのオーナーの皆様は、エンジンのオーバーホールを行った事はあるでしょうか。オーバーホールという名前は聞いた事があっても、実際にどのような作業なのか分からないという人もいるかと思います。
オーバーホールとは、エンジンを解体してエンジン内のパーツを交換したり、エンジン内の清掃を行ったりして組み直す作業の事を言います。ハーレー独特の重低音や、走行性能の維持の為には欠かせない作業で、定期的に行っておくべきと言えます。

では、どのようなタイミングでオーバーホールを行えば良いのでしょうか。一般的に、ハーレーのエンジンは走行距離5万キロ程度になった時点で点検の必要があると言われています。ハーレーの車種や乗車している年月等により異なりますが、その頃になった時点で一度ハーレーの修理に対応しているショップに持っていくと良いでしょう。ハーレーのエンジンオーバーホールの際に基本的に行われる作業は、バルブ研磨やピストンやリングの交換等になります。それ以外にも状態によってはシリンダーヘッド等様々な部分の交換・清掃が必要になる場合もあるので、お店に持っていく際にはある程度の日数も考えておきましょう。

ルート66

ハーレーのエンジンオーバーホールの際に気になる点の一つに、料金がどのくらいかという点があるかと思います。そのお店やオーバーホールの内容によっても異なりますが、おおよそ30~60万円程度かかると思っておくと良いでしょう。決して安くない料金ですが、ずっとこのハーレーと共に過ごしたいと考えた時には支払うべき金額と言えます。

そのような金額をすぐには用意出来ない等といった場合には、自分でオーバーホールするという選択肢もあります。ハーレーに付属しているマニュアル等を読めば、エンジン部の分解方法等が掲載されている事が多いので、それを参考に自身でオーバーホールを行うという人もいます。ただ、その際には元の状態を写真に残して置く等、元に戻す時に不具合を起こしてしまわないようにする事が必要です。
分解のための工具も、ハーレー専用の物を使用するのが望ましいでしょう。